賃貸物件で新しい生活を始めよう|計画的な家探しが大切です

インテリア

費用を把握しよう

男性

憧れの一人暮らしで茗荷谷に住むとなると、生活の拠点となる物件選びを行ないます。一人暮らしの場合アパートなどの賃貸を借りることがほとんどですが、多くの人は真っ先に間取りや駅からの距離、周辺施設について考えるでしょう。確かに、長い間生活する賃貸物件なら交通アクセスは良好であるべきですし、スーパーやコンビニなどの周辺施設が充実していた方がよいです。しかし、茗荷谷で賃貸を借りるなら家賃やその他の初期費用についても考えるべきです。間取りや周辺施設を重視するあまり家賃が高い部屋に住んでしまうと、生活が苦しくなる可能性もありますし、家賃が払えずに部屋から追い出される場合もあります。そうならないためにも賃貸を利用する全体の費用を考えなければいけないのですが、まずは無理なく支払える家賃の額について確認していきましょう。

茗荷谷の賃貸を借りた際に発生する家賃には、管理費や共益費も含まれているのですが、一般的に月収の三分の一以下の家賃が最適だといわれています。収入は税金や保険料などが差し引かれた所得を基準として考え、企業の業績によって上下するボーナスなどは収入に含めないようにしましょう。学生の場合は親からの仕送りとバイト代を合算した金額で家賃を考えるとよいでしょう。そして、茗荷谷の賃貸では家賃の他に、初期費用として敷金や礼金、仲介手数料が発生します。礼金は謝礼金として大家に支払うお金のことで、部屋から出る際には返還されません。また、敷金は部屋を引き払う際の原状回復で使われるお金のことで、退去時に余剰分が返される場合があります。いずれも家賃の1カ月から2カ月分の費用が請求されます。